現実的なのはクレジットカードのキャッシング

急な事件があって、どうしても現金が必要になったが、手持ちがない…!!

恐ろしい想定事態ですが、幸いなことに私自身は経験したことがありません。

普段からあまり高額の現金を持ち歩かず、生活費などは月に決めた回数だけ、決めた金額を引き落として封筒に分けてしまってあります。

たまたま自宅が口座利用している銀行にごく近い、ということもあり、必要以上の現金は所持していません。

ですので私が一番恐れているのは、「本当に急に現金が必要になったはいいが、ATMの利用に手数料がかかる時間帯に下ろしに行かなければならない事態」でしょうか。

ですが、人生一体何があるかわかりませんし、「急な事態に備えてのシュミレーション」も私は一応考えてしてあります。

銀行から一日に引き出せる最高額の現金、それ以上の金額が必要になったらどうすればいいのか?ということです。

私の場合は、使用しているクレジットカードのキャッシングを利用することが、選択肢として一番現実的です。

近所の銀行ATMでも利用できるものです。

このキャッシング利用域も、一番低く設定してあるのですが、過去に全く利用したことがありません。

(クレジットカード自体は、支払いのためにかなり頻繁に利用してはいますが。)

ただ、いざと言う時の保険として、その利用方法を知っている…という備えです。

こうして、少し過剰かと思われるほどに様々な想定を考えている私ですが、そういう人間に限って最悪の事態は何故か訪れにくい、と聞いたことがあります。

このマーフィーの法則を信じて、私は最悪の事態を常に想像して恐々としつつ、平和な日々を送っております。

Comments are closed.

バイト日和 is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.